フリーランス美容師になったら名刺は必要。作り方をご紹介!

念願のフリーランス美容師になった!

でも名刺はどうする?勤務美容師時代と違って、店側で作ってはくれません。

「そもそもフリーランス美容師に、名刺は必要??」

「名刺ってどうやって作るの??何を書けばいいの??」

そう感じている方も多いのではありませんか?フリーランス美容師になると集客や人との繋がりがとても重要です。名刺を作っておくことで、仕事の中で役立ちます。

今は自分でパソコンを使って作れる時代ですが、いったいどんな風に作ればいいのでしょうか?

名刺の作成方法には、自分で作成する方法と作成を依頼する方法が2つあります。自分で作成する場合、実はWordや名刺作成ツールを利用することで簡単に作成できるんです!

この記事では、フリーランスになった際の名刺の作り方やおすすめツールをご紹介致します。フリーランス美容師だけでなく美容師の方であれば役立つ情報なので、ぜひチェックしてみて下さいね。

名刺を作ることをおすすめする3つの理由

ここからは名刺を作ることをおすすめする3つの理由をご紹介します。

①名前を覚えてもらえる可能性がある

これは私の実体験なのですが、フリーランスになると人と出会うことが圧倒的に増えました。

どんな場所でも名刺さえあれば、後から見返すことも出来るため、自分の名前を覚えてもらえる可能性が増えます。

②紙質やデザインに拘れば、センス•自己プロデュースにつながる

紙質やデザインで、自分の好きな世界観や美的センスを相手にアピールするツールとなり得ます。自己ブランディングにも有効ですね。

③紹介にも繋がる可能性がある

今は名刺にQRコードやSNSのアカウントを載せることも出来るので、紹介にも繋がる可能性があります。

また魅力的な名刺にすれば、ついつい見せたくなってしまいますよね。

これさえ読めばOK名刺に入れる情報ば6つ!

フリーランス美容師が名刺を作成する際、入れ込むべき内容はこちらです。

  • 名前
  • 肩書き
  • 活動範囲、主な活動店舗
  • 電話番号、メールアドレス
  • ホームページURL(ある場合)
  • SNSアカウントのURL・QRコード

実際どんな種類の名刺が多いのか?

名前や肩書(フリーランス美容師)だけでなく、活動範囲や連絡先などを入れ込んでおくと分かりやすいです。

フリーランスの場合は電話番号は個人になることも多いので、記載しない場合も多いです。

どんな情報が入っている方が良いのか?ポイント。

氏名とお店の場所は分かりやすい方が良いでしょう。

どんな情報を記載したいか、伝えたいかをまとめましょう。

またSNSやブログをしている場合は、QRコードを入れ込んでおくのがおすすめです!特に、QRコードを入れ込んでおくとお客さんも手軽に連絡することができます。QRコードはアプリなどを使うと簡単に作成できますよ。

私はフリーランスになった際、限りなくシンプルでスタイリッシュな名刺にしたくて、情報を全てQRコードにしました。ただ逆に情報が伝わりづらいので、それはあまりおすすめできません。

シンプルでも分かりやすく、伝わりやすいという事がポイントです。

名刺を自作するときのポイントは?

名刺を自作する時押さえておくと良いポイントがあります。

フリーランス美容師にとってどんなことに気をつけたら良いかを見ていきましょう。

まず台紙を選ぼう

名刺をデザインする時、まず台紙を選びます。例えば、パステルカラーは優しく柔らかいイメージや、ブラウンやベージュは落ち着いたイメージを表現できます。

また、印刷するプリンターによっても制限があるかもしれませんが、名刺の一部に光沢を出したり、マットな質感にしたり紙質にこだわるのも良いですね。

多少手間はかかりますが、自分の担当するお客様の年齢層に合わせて落ち着いたものにしたり、ポップなものにしたりというのもひとつのアイディアです!

また、フリーランス美容師としてお客様に思い出してもらえるよう、自分の特徴やキャッチフレーズをいれたり、似顔絵を入れたりするのもいいでしょう。

美容師にとって「名刺」もセンスを表すものとして重要な役割を果たしています。

名刺を見れば、施術をしてもらう前に美的センスがわかってしまうからです。

勤務美容師時代は、店の名刺としてテンプレートがありますが、フリーランスになると名刺のデザインから自分のお仕事です。まず自分のセンスで好きな様に作ってみるというのも大事なお仕事ですね。

得意分野を入れたり名刺をクーポンにしてしまう!

一目見て何をしている人か分かる様に、得意分野を入れるのもおすすめです。

例えば、〝ボブデザイナー〟〝ブリーチ職人〟〝〇〇アンバサダー〟などなど。

コンテストの受賞歴などがあるなら、それを書き込んでも良いかもしれませんね。

それから、紹介クーポンをQRコードにして記載し紹介カードにしてしまったり、名刺をクーポン代わりにして、「次回、プチスパorトリートメントサービス」として、「この名刺をお持ち下さい」と書くとどうでしょう?

「サービスがあるなら行ってみようかな?」とお客様はその名刺を捨てずに大切に保管してくれる可能性もあります。

もしかしたらプラスアルファの売上に繋がる可能性だってあります。

どうやって印刷に出すか

デザインができたら印刷に出しましょう。

ここからは名刺を実際にデザインしてから、印刷するまでの手順を紹介していきます。

自作する場合は、データをUSBメモリに保存したり画像を保存していればkintoneで簡単に印刷することが出来ます。

また、実際にデザインした名刺をPDFや画像に保存すればコンビニで簡単に印刷する事も可能です。

自分で印刷に出す事が難しいなという方は外注するのも良いでしょう。

おすすめの発注先サイト

ここからは、PCで名刺を作成した際のおすすめサイトをご紹介致します。

ラベルメーカー「エーワン」の「ラベル屋さん」

「ラベル屋さん」

ラベルやシールのメーカー「A-one(エーワン)」が運営する名刺作成サイト。名刺の他にもCDなどのラベル、ステッカーなども作れるとても便利なサイトです。

Web上で作成、編集できるWeb版があるのでそれを使うのがおすすめです。

使い方は簡単で、まず用紙を選び、デザイン画面で名刺をデザインしていきます。直感的にデザイン出来るので短時間でもさくっと作れます。

名刺のテンプレートも豊富に揃っているのでそれを使ってもいいですし、自分でデザインした図柄も簡単に貼り付けることができます。

また印刷の色もきれいで、1シートで10枚の名刺ができます。印刷後の切り取りも、非常に細かいマイクロカットなのでとても簡単に切り取ることができます。

パソコン周辺機器メーカーELECOMの「エレコムらくちんプリント」

「エレコムらくちんプリント」

パソコンの周辺機器メーカーのエレコムが運営する名刺作成サイト。

パソコン用はダウンロード版とWeb版があり、なんとスマホ用があるので、フリーランス美容師として働いている間の空き時間など作成することも可能です。

嬉しいことに無料で使えるイラストやテンプレートが1000点以上あり、豊富な素材の中から選べるのも魅力!

使い方は上記のラベル屋さんと似ており、まず使う用紙を選択してから、デザインエディタで名刺のデザインを作成していきます。フォントの数も豊富で、自分好みの名刺がデザインできます。

スマホアプリ+コンビニ印刷で出先でも楽々!「BiziCard」

ちょうど出先で名刺が少なくなっていたなんて時、ありますよね。また出張先で名刺を忘れてしまった!!そんな時は、スマホアプリでデザインし、コンビニで簡単に印刷ができる名刺作成アプリ「BiziCard」が便利です。

テンプレート数やフォント数もそれほど多くはなく、上のソフトのように直感的にドラッグして使用する方法ではありません。作成画面ではデフォルトでテンプレートが入っているので、変更したい箇所を選択し、「編集する」ボタンを押し内容を変更していきます。デザインのテンプレートの種類は豊富ではありませんが、手持ちの画像や写真などを使ってデザインすることが可能です。

デザインが終わったら保存して、10 桁のプリント番号が発行されます。それを、ローソン、ファミリーマート各店のマルチコピー機でプリントします。「コンテンツサービス」→「BiziCard」とタップしたら、プリント番号を入れて印刷できます。

急に名刺が必要になった場合などに、スマホでデザインして、コンビニで印刷することが可能なため、納得のいくデザインになるかどうかは、その人次第ですが、出先でも名刺が作れるというのが大きな魅力です。

もし時間がない時は?フリーランス美容師の名刺作成は思い切って外注に出してみる

外注することをおすすめする理由

どうしてもフリーランス美容師としての仕事が忙しく、自分で名刺を作る暇がない、またアイディアが浮かばないという時は、外注してみるのがおすすめですよ。

おすすめの名刺作成サービス

ここからは、簡単に名刺が作れるおすすめの外注名刺作成サービスをご紹介致します。

名刺作成サービスは、料金だけでなく、デザインや印刷方法なども重要です。

それぞれのサービス概要や料金を徹底解説していきます!

whoo(フー)

Whooを見てみる

デザイナーが作成した豊富なテンプレートから名刺を作成できるサービスです。

印刷のカスタマイズなども多く魅力的で、オシャレな印刷にももってこいな名刺作成サービスです。

美容師用のテンプレートをはじめ、クラフト印刷や金箔印刷、クリア印刷などデザインだけでなく印刷方法もたくさん選択できるので、ダブルワークしている方にもおすすめです。

印刷タイプのサンプル請求もできるので、一度チェックしておくと良いですね。

《料金》

  • 20 cards¥3,550
  • 50 cards¥4,580
  • 100 cards¥5,080
  • 200 cards¥8,900

※配送は注文確定してから5営業日後 3営業日後配送は+500円

DECO CARD

DECO CARDを見てみる

DECOCARDは個性的な印刷やこだわりのある演出を施した名刺を印刷できるサービスです。

ぷっくり印刷や箔押し、用紙も幅広いため、デザイン性を追求しやすい点がおすすめです。

料金は用紙や印刷方法・カスタマイズによって異なるため、出来ることなら無料相談&見積もりをする方が良いですね。

デザインが決まり、購入手続きに入れば7~10日を目安に納品されます。

デザインはそれぞれ要望に合わせて細かく修正をしてもらえるので安心して任せられますね。

Super Print

Super Printを見てみる

SuperPrintは種類がとても豊富で、50種類以上の名刺用紙や、22種類の加工からデザイン性の優れた名刺を作成することがで来ます。

コストパフォーマンスも良く、高品質で低価格設定である点もおすすめなポイントです。

かっこいい!!おしゃれ!!と思わせてくれる名刺を作ることが出来ます。

ひと味違った名刺を作りたい方は、一度サンプルを見てみると良いでしょう。

パプリby ASKUL

「パプリby ASKUL」

オフィス通販でおなじみのASKUL系名刺通販。Web上に名刺デザインの編集画面があり、自分の好みのデザインをして、そのまま発注できる便利なサイトです。

400種類以上のテンプレートがある上に紙質や印刷のグレードにこだわっているのがとてもユニーク。いちばんシンプルなものでは100枚片面が950円からとコスパも良いですね。

スタプリ名刺「スタプリ名刺」

フリーランス美容師として自分で名刺デザインを作成し、印刷は発注するときに便利な、テンプレートがたくさん揃ったサイトです。

デザインが難しいという方にはおすすめです。

とくに美容師さんむけテンプレートをはじめ、職業別におすすめテンプレートが分かれているのがわかりやすいです。

ちょっと使ってみたい時は、会員登録なしでもお試しができるのが便利です。

印刷代金は100枚で1500円程度。

デザイン名刺

「デザイン名刺」

シンプルなハサミのイラストや文字だけのモノクロタイプなど。今ではセンスのいい名刺が100枚1000円ちょっとで作れるサイトです。

所要日数は4日ほどですが、少しの差額でお急ぎ便も作ることができます。

スタンダードは白ですが、茶色系、ピンク系名刺も作成可能です。

まとめ

フリーランス美容師にとって名刺を作っておくことはとても重要です。

今後の集客のためにも、フリーランス美容師になったら名刺作成を検討してみてはいかがでしょうか?

また、名刺はデザインにも凝っておくと、魅力的な名刺であればあるほど印象にも残りやすくなります。

ご紹介した名刺作成サービスをチェックして、手順に沿って作成すれば、意外と簡単に作れますよ。

早速名刺を作成してみましょう!!

>GO TODAY SHAiRE SALON

GO TODAY SHAiRE SALON

GO TODAY シェアサロンは美容師/ネイリスト/アイリストの契約者が600名以上、全国30店舗以上の業界最大手シェアサロンです。美容師/ネイリスト/アイリストの皆様が安心して働ける設備、環境、仕組みを揃えております。

CTR IMG