年収が知りたい!美容師はどの方法で独立するのが正解?

独立したら年収が上がるの?美容師は雇われたままではなかなかお給料が増えにくいのが現状です。独立した場合、実際どれくらい収入が増えるのか気になりますよね。今回は独立の方法やそれぞれの年収の目安、さらに年収を増やす方法をご紹介します。「本気で」独立したい人は最後まで必見です。

そもそも美容師が独立するにはどんな方法があるの?

美容師が独立するには「オーナーとして働く」「面貸し・シェアサロンで働く」「業務委託として働く」と様々な方法があります。一概に独立といっても選択肢があるので迷ってしまいますよね。それぞれどのような特徴があるのか、みていきましょう。

美容室を開業するオーナーとして働く

美容室を開業するとなると、まずは場所探しからはじまります。自分でお店自体を好きなようにできるので、店名や内装はもちろんメニューなど考える楽しみも。そのかわり、お店に関するものはすべて揃えなければ営業できないので、まとまった開業資金は必要です。

面貸し・シェアサロンでフリーランスとして働く

面貸し・シェアサロンは、もともと営業している美容室を使って個人店のような形で営業するというものです。面貸しはサロンの席を一部分借りて施術をします。レンタルした席以外は他のお店という感覚なので若干アウェな感じは否めませんが、まとまった開業資金が必要なく始めやすいのがメリットです。シェアサロンは文字通り店舗を複数人のフリーランス美容師でシェアする働き方。そのお店全体が面貸しのような状態になるので、お店自体が中で働く人のために集客してくれることもあります。プランや使用料など様々なので自分にあったサロンをみつけましょう。

業務委託として働く

業務委託はもともと営業しているお店と業務委託締結をして営業する働き方です。アルバイトやパートではお店から給料をもらうのですが、業務委託となると雇用主と従業員という関係ではなく、労働法に基づく雇用契約よりも柔軟な働き方が可能です。完全歩合制で契約すれば、雇われていたときよりも短い時間で高い収入を得られる場合もあります。

会社員・独立した美容師それぞれの平均年収は?

会社員・独立した美容師の平均的な年収はどうなのでしょうか?具体的な金額をみるとイメージがわきやすくなりますよ。

会社員の平均年収

2020年度の業種別及び給与階級別の総括表でみると、社会人の平均年収は男女平均して5,197,200円です。その中で美容師(サービス業)は4,230,000円と100万近く平均年収は低いという結果になっています。

開業独立した場合の美容師の平均年収

厚生労働省の統計結果をみると、美容院の平均客数は1日10人程度、そして平均客単価は6,429円というデータがでています。

簡単に計算してみると、6429×10人→1日の売上64,290円ということになりますね。そこに稼働日数24日をかけると、月の売り上げが1,542,960円。そしてこれの12ヶ月分18,515,520円が年商になります。ここから、経費を差し引いた分が年収になるのです。一般的に総売り上げの2割程度が収入になるといわれているので、計算すると年収3,70,104円となります。あくまで統計に基づいた計算ですので、これより売り上げが多かったり、経費が少なめであれば年収は増えます。

独立してシェアサロンで働く美容師の平均年収

シェアサロンで働く場合、各シェアサロンごとの契約内容によって年収は大きく変わります。売り上げの何パーセントが貰えるのか、固定給はあるのか、薬剤使用料・場所使用料など支払いがどれくらいかかるのかによって変動するので一概に計算できません。

独立した美容師が年収を上げる4つの方法

独立したら、売り上げを上げることが直接的に年収を上げることにつながります。売り上げアップを狙うにあたって、経費をなるべくかけない方法をピックアップしてみました。

その1.他社との差別化ポイントを作る

まずは新規のお客様を増やす取り組みからはじめましょう。他店と比べてなにか売り出せるポイントはありますか?例えば、1つのスタイルに特化してメニューを作ってみるなど、特定のお客様に絞って営業するのもいいですよね。差別化をはかることで、新たな客層をゲットしましょう。

その2.リピートのお客様を増やす

一度きてくれたお客様のリピート率アップも大事です。次回来店しやすいように、ヘアスタイルの提案をしたり、来店ポイントをつけたり工夫は様々。来てくれたお客様に対して、ひとり一人にきちんと誠意をもって対応することが一番の近道です。

その3.物販促進する

客単価を上げるのに欠かせないのが物品販売。一人1つ2000円の商品を買うだけで客単価が2000円上がります。施術に比べると時間がかからないので、意識して販売促進することで年間を通してみると大きな収入になりますよ。

その4.SNSで集客強化する

InstagramなどのSNSで集客するのが今時のやり方です。広告料もいらないので、取り入れやすいところも魅力。お店のスタイルをアップして、お客様に興味をもってもらいましょう。プロフィールから直接予約できるようにリンクを貼ると良心的です。

従業員を雇用するときの注意点

従業員を雇用すると発生するのが人件費。アシスタントかスタイリストかによってもその金額は変わります。人を雇うことで同時に施術が可能なので効率がアップするメリットもありますが、お客様がこないときは手があまるということも。ここでは従業員を雇用するときに気を付けることを解説していきます。

売上における人件費の割合

売り上げにおける人件費の割合が半分以上になっているならバランスがあっていないことも。人数に対して売り上げが伴っていないので、手が空いている時間が多くなっているのではないでしょうか?一概に割合は何パーセントがいいとは決まっていませんが、一番人件費が大きな経費になるので雇い過ぎは危険です。

アシスタントorスタイリストどちらを雇うか考える

自分自身の売り上げを伸ばすならアシスタントを雇うだけでも大丈夫ですが、もっとお客様をこなしていこうと思ったらスタイリストを雇うといいでしょう。お店の流れを考慮して、アシスタントとスタイリストの割合も考えながら雇うことが大切です。

シェアサロンの場合は従業員を雇えない場合も

一気に二人施術をしたいからと、アシスタントを雇おうと思っても、シェアサロンでは雇えない場合があります。シェアサロンによっては、中のスタッフ同士で助け合える仕組みを採用している場合もあるので、どんなシステムになっているのか事前に把握しておきましょう。

こんな場合はどうするの?疑問を解決!

最後に美容師さんからの質問をまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

独立したい美容師さんからの質問

独立する前はたくさん不安がありますよね。先にわからないことを解決しておくと安心して独立ができるでしょう。

独立するのはいつが正解?

いつが正解かは人によって変わりますが、基本的に1人ですべて担当できるようになって数年勉強してからだと安心です。30代で独立する場合、ある程度の知識や経験からいろいろな局面に対しても適応能力があることでしょう。逆に20代で早めに独立を決めると、若さをウリにできるので顧客が付きやすくなる場合もあります。それぞれいい面、悪い面があるので、自分がいつ独立したいかを明確に決めて、そこを目標に資金などの準備をしていくといいでしょう。

資金はどれくらい貯めたらいい?

気になる資金についてですが、自分で店を持つ場合とシェアサロンに入る場合とで大きく異なります。お店作りから始める場合、内装工事や家賃、道具や美容商材の仕入れなど様々な面でお金がかかります。しばらくの運転資金も残しておかなければならないため、数百万単位でお金が必要になります。居抜きだと少しは経費が抑えられるようです。シェサロンなどの場合は店や設備は用意されているので、使う道具や材料代だけでいい場合がほとんど。あまりまとまった金額を用意しなくても営業できます。ただし、お客さんがすぐにつくとは限らないので、3~4月分の給料分は貯めておいた方が安心です。

独立している美容師さんからの代表的な2つの質問に答えます。

独立したのはいいけど、わからなくなってきた。そんな美容師さんからの質問をご紹介します。

質問1複数店舗持ったほうがいい?

お店が軌道にのってきて、スタッフも増えて手狭になってきた、そんなとき店舗数を増やすか悩みがでてきますよね。信頼できるスタッフがいて店舗を任せられるなら、増やすのもアリだと思います。自分ですべて把握しておきたいなら、大きめの店舗に移転する、もしくは拡張工事をする、という選択肢も。どちらにせよお金がかかることなので、金融の融資を受けられるかも考えて検討してみましょう。

質問2いい人材を集める方法はある?

スタッフがすぐに辞めてしまう、そもそも人が入ってこない、人を雇うとなると様々な悩みがつきものです。スタッフがすぐに辞めるのであれば、何が原因なのか不満な部分を解決する必要があります。人が入ってこないのであれば、募集の露出を増やしましょう。アシスタントから育てるのであれば美容学校にも求人をだしてみましょう。

まとめ

様々な独立方法がありますが、一つ言えるのはとにかく独立したいなら向上心を持ち続けること。独立するまでもたくさん勉強して、お金を貯めて……大変な道のりです。せっかく独立するのであれば、売り上げを伸ばして年収を上げていきましょう!

>GO TODAY SHAiRE SALON

GO TODAY SHAiRE SALON

GO TODAY シェアサロンは美容師/ネイリスト/アイリストの契約者が600名以上、全国30店舗以上の業界最大手シェアサロンです。美容師/ネイリスト/アイリストの皆様が安心して働ける設備、環境、仕組みを揃えております。

CTR IMG