美容師がフリーランスに転職したときの給与や働き方について紹介

最近では、SNSの普及や働き方改革によって「フリーランスで働く」人が多くなってきました。

美容業界でもフリーランス美容師として、転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

フリーランス美容師に転職するための方法や、フリーランスの勤務スタイルについて紹介します。

転職してフリーランスとして働きたいと考えている美容師の方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスで働くとは?

フリーランス美容師とは、会社や組織に属さない美容師のことで「個人事業主」として働いている美容師のことです。

雇われて働く美容師との大きな違いは、給与が固定給ではなく、稼いだ分だけの収入になる歩合制である点です。

 

フリーランス美容師のメリット

・時間に縛られずに働くことができる

・働いた分だけ収益になる

・自分のコンセプトやスタイルを実現できる

・技術力の向上につながる

・マネジメント力が身につく

 

フリーランス美容師になると、時間に融通が利くようになります。また、雇われではなくなるため給料が固定給から歩合制になります。

働いた分だけ収益になるのがフリーランス美容師のメリットといえます。

 

フリーランス美容師のデメリット

・全ての責任を負わなければならない

・開業するのに資金がかかる

・収入が安定しない

・長期休みが取りづらい

・確定申告などの雑務や経営も行わなければならない

 

反対にフリーランス美容師のデメリットは、美容師としての技術面の提供だけでなく店舗を経営していくためのマネジメント力や集客力が必要になります。

また高額な開業資金がかかってしまうので、なかなかフリーランス美容師へ踏み出せない方もいる傾向にあります。

 

店舗を持たないフリーランス美容師

フリーランス美容師はテナントを借りて出店する以外に、特定の店舗を持たない働き方もあります。

テナントを借りない分、開業資金やリスクを抑えてスタートできますので参考にしてみてください。どの勤務スタイルが自分に合っているか、それぞれの特徴を見てみましょう。

・業務委託

・シェアサロン

・面貸し

 

業務委託

業務委託は色々な美容室と直接契約を結んでお仕事をします。必要な薬剤や美品はお店側が用意してくれるので、開業資金がかからないことが利点です。業務委託はフリーランス美容師の中でも低リスクで始めることができます。

 

シェアサロン

シェアサロンは、ひとつの美容室を複数のフリーランス美容師が共同して利用する美容室のことです。面貸しと基本は似ているのですが、美容室自体がレンタル専用なので自由な使い方ができるのが特徴です。

 

面貸し

フリーランス美容師の受け入れで最も多いパターンです。美容室のセット面1台をフリーランス美容師に貸して、売り上げのパーセンテージを貰う仕組みになっています。場所を借りるだけなので、自ら集客をすることが必須になります。

 

フリーランス美容師の給与について

フリーランス美容師になると、給与が固定給ではなく歩合制になるので収入がアップすることが多いです。

ただ売り上げる金額は自分次第なので、一概に収入が必ずアップするとは言い切れません。

ちなみに、業務委託サロンの還元率はフリーで40%、指名で50%〜60%のところが多いようです。

 

フリーランス美容師になるための準備

これからフリーランス美容師になるためにやっておくべき準備について紹介します。

・開業届の提出

・集客方法を決める

・国民健康保険、国民年金に加入する

・確定申告の準備

 

開業届の提出

個人事業主として新たに事業をはじめる際に税務署への提出が必須になっています。開業届の書式は税務署の窓口もしくは国税庁のホームページから入手することができます。事業を始めてから1か月以内に提出しなければなりません。

 

集客方法を決める

フリーランス美容師にとって、集客方法を決めることはとても重要です。最近はSNSが普及しているので、Instagramで自分の施術を公開して宣伝している人もいます。写真など視覚にうったえるツールを使うのが相性がいいようです。

 

国民健康保険、国民年金に加入する

雇われではなくなるため、保険と年金を切り替えなければなりません。国民健康保険と国民年金への加入が必須になっています。退職日の翌日から14日以内に届け出をするようにしましょう。

 

確定申告の準備

フリーランスになると、所得税を自分で支払わなければなりません。確定申告は1/1〜12/31までの1年間の収支を計算して、税務署に申告します。開業届を提出する際に、青色申告承認申請書も一緒に提出しましょう。

 

フリーランス美容師への転職について

近年「フリーランス」として働くスタイルが徐々に増えてきています。

今回紹介したフリーランス美容師も、店舗をもたずにシェアサロンや業務委託といった形で低リスクで開業することもできます。フリーランスになることのメリット・デメリットを参考に、フリーランス美容師へ転職する際の手引きにしてみてください。

 

>GO TODAY SHAiRE SALON

GO TODAY SHAiRE SALON

GO TODAY シェアサロンは美容師/ネイリスト/アイリストの契約者が600名以上、全国30店舗以上の業界最大手シェアサロンです。美容師/ネイリスト/アイリストの皆様が安心して働ける設備、環境、仕組みを揃えております。

CTR IMG